スマートフォン用の表示で見る

古代魚

動植物

古代魚

こだいぎょ

古生代中生代化石として発見されるが、原始的な解剖学的特徴を保ったまま現在も絶滅せずに生き残っている魚類の総称。俗に『生きた化石』といわれる。

シーラカンス、ハイギョ、ポリプテルス、チョウザメ、ガーパイク、アミアカルヴァ、アロワナ目のアロワナピラルクバタフライフィッシュ、ナイフフィッシュ(ナギナタナマズ)、ギムナルクス(ギュムナルクス)、モルミルス(モルミュルス)など。

ただし熱帯魚ファンの間では「古代に繁殖した魚類のイメージを現代に伝える魚」くらいの広い意味で使われている。