スマートフォン用の表示で見る

公定歩合

一般

公定歩合

こうていぶあい

国の中央銀行金融機関に対して適用する、貸し出しの金利歩合。

1994年9月までは、日本における民間銀行の金利公定歩合と連動するように規制されていたため、政策金利としての役割を果たしていた。しかし、1994年10月より民間銀行の金利は完全に自由化され、公定歩合を利用して民間銀行の金利を操作することはできなくなったことから、現在の日本の政策金利は、無担保コール翌日物となっており、公定歩合政策金利ではなくなっており、現在の公定歩合は、短期金融市場の金利の上限の役割を果たしている。