公立はこだて未来大学

一般

公立はこだて未来大学

こうりつはこだてみらいだいがく

公立大学法人公立はこだて未来大学は、北海道函館市に本部を置く公立大学公立大学法人公立はこだて未来大学が運営する。

2000年4月に開学。

システム情報科学部の1学部からなる単科大学で、情報アーキテクチャ学科、複雑系知能学科の2学科に分かれている。

沿革

1997年度、函館市上磯町大野町七飯町戸井町の1市4町(現在は合併により、函館市北斗市七飯町の2市1町)で組織する函館公立大学広域連合を設置。

1998年度、校舎建築工事着工。

1999年度、公立はこだて未来大学設置認可。

2000年度、公立はこだて未来大学開学(システム情報科学情報アーキテクチャ学科、複雑系科学科)。

2001年度、校舎(本部棟)が第26回北海道建築賞を受賞。校舎(本部棟)が第14回北海道赤レンガ建築賞を受賞。

2002年度、校舎(本部棟)が日本建築学会賞(作品)を受賞。課題解決型学習の先駆けとなる「プロジェクト学習」スタート。公立はこだて未来大学大学院設置認可。

2003年度、公立はこだて未来大学大学院開設。

2004年度、地域連携、産学官連携等を組織的に支援する共同研究センターを開設。校舎(本部棟)が第9回公共建築賞(生活施設部門)国土交通大臣表彰を受賞。

2005年度、研究棟建設工事竣工東京サテライトオフィス秋葉原)開設。

2006年度、プロジェクト学習の教育構想が文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム」に採択。

2007年度、公立大学法人設置認可。函館市高等教育機関連携推進協議会(平成20年4月からキャンパス・コンソーシアム函館に名称変更)の設立に参加。

2008年度、公立大学法人設立。メタ学習センターを設置。

2009年度、地域ネットワーク支援事業として「はこだて国際科学祭」を開催(毎年開催)。

2010年度、開学10周年記念式典を挙行。複雑系科学科と情報アーキテクチャ学科を情報アーキテクチャ学科と複雑系知能学科に再編。大学・大学院一貫(6年制)の高度ICTコースを開設。

2012年度、FUNコラボラティブ・ラボラトリ制度を創設。共同研究センターを社会連携センターに発展改組。メタ学習ラボの活動がスタート。

2013年度、全国15大学との連携による「分野・地域を超えた実践的教育恊働ネットワーク(enPiT)」事業スタート。

2014年度、公立はこだて未来大学出版会による出版活動スタート。