高橋慶彦

スポーツ

高橋慶彦

たかはしよしひこ

70〜80年代のプロ野球選手。通称「赤い疾風」。

右投両打、ポジションは遊撃手外野手背番号は40→2→5→2番。

1957年3月13日生まれ。北海道生まれ。東京都出身。

城西高校で1974年、投手として夏の甲子園出場。

1975年ドラフト3位で広島東洋カープに入団。

入団と同時に打者に転向。1977年スイッチヒッターに転向し頭角をあらわす。

翌1978年、一軍に定着。1番打者として活躍。

1979年、俊足を生かし初の盗塁王を獲得。カープのの日本一にも貢献。日本シリーズMVPも獲得。

なお、この年に記録した「33試合連続安打」は日本記録としていまだに破られていない。

松本匡史との盗塁王争いは球史に残るハイレベルなものであった。

機動力野球の申し子として、10年以上カープ遊撃手を務め、4度のリーグ優勝、チームの連続日本一に大きく貢献。

村上龍の短編集「走れ,タカハシ! (講談社文庫)」に登場している。


1990年高沢秀昭水上善雄との3対2の交換トレードで、

白武佳久杉本正志と共にロッテオリオンズに移籍。

外野手に転向するも活躍できず。

1991年、遠山奬志?との交換トレードで阪神タイガースに移籍。始球式山田雅人に直撃され、担架で退場する。

1992年、現役引退。

1995年、福岡ダイエーホークスの一軍守備・走塁コーチに就任、3年間務める。

退団後はKBC九州朝日放送野球解説者を務める。

また、マスターズリーグ福岡ドンタクズの選手、モルツ球団の選手として活躍。

ガーナ野球を広めるなど国際貢献も行った。


2004年途中、千葉ロッテマリーンズ巡回コーチに就任。

2006年、一軍走塁コーチに就任。一塁コーチを務める。

2008年、一軍打撃コーチに就任。

高橋良明は従兄弟。