高校授業料無償化

社会

高校授業料無償化

こうこうじゅぎょうりょうむしょうか

公立高等学校授業料無償化すること。私立高等学校などに就学支援金支給する措置と合わせた制度。根拠法令は「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律」であり、2010年に施行された。公立高校生の授業料月額9900円(年間約12万円)を徴収せず、国が負担する。私立高校生には年間約12万円(低所得世帯には最大約24万円)の「就学支援金」を学校に支給し、生徒が支払う授業料の一部と相殺する。

高校授業料無償化・就学支援金支給制度