高田屋嘉兵衛

一般

高田屋嘉兵衛

たかたやかへえ

江戸時代の商人。1769年、淡路島に生まれる。1827年、没。司馬遼太郎の小説『菜の花の沖』の主人公。

ロシアと日本の間で、全面的軍事衝突一歩手前にまだ陥った危機の際、ロシア軍に拉致され捕虜になったことを逆用し、両国の和平交渉に尽力した。