スマートフォン用の表示で見る

高野聖

キーワードの候補

2件

読書

高野聖

こうやひじり

 泉鏡花の小説。初出:明治33年2月「新小説」

 浪漫主義作家としての泉鏡花が初期に書いた代表作である。自然主義風の作品と違って、作者らしい人物は姿をひそめ、読者は作品にみなぎる鏡花の世界に没入させられる。

歌行燈・高野聖 (新潮文庫)

歌行燈・高野聖 (新潮文庫)

高野聖 (集英社文庫)

高野聖 (集英社文庫)

高野聖・眉かくしの霊 (岩波文庫)

高野聖・眉かくしの霊 (岩波文庫)

高野聖 (角川文庫)

高野聖 (角川文庫)

高野聖 (文芸まんがシリーズ (12))

高野聖 (文芸まんがシリーズ (12))

動植物

高野聖

こうやひじり

 水生昆虫・タガメの別名。タガメの背中の模様が、高野聖の笈のように見えることから。