国津神

読書

国津神

くにつかみ

日本神話における神群の一。国つ神、地祇とも。

天津神の対義語で、天孫降臨以前から日本にいた古来の神を言う。

解釈的には、大和王権が各地を従える過程で神話体系に取り込んでいった各地方の土着の信仰であるとされる。