佐多稲子

読書

佐多稲子

さたいねこ

(1904-1998)

作家。戦前はプロレタリア作家として注目され、戦後は、作家の傍ら、婦人民主クラブの創設と女性の地位向上に尽力した。

代表作に「キャラメル工場から」など