スマートフォン用の表示で見る

佐伯祐三

アート

佐伯祐三

さえきゆうぞう

パリの町を中心に描いた油彩画家。

「カフェのテラス」「広告張り」などの作品が有名。

本人は自分が「アカデミズム」ではないと考え、フォーヴィズムの巨匠・ヴラマンクのもとに絵を持って訪ねるが、「このアカデミズムめ!」と罵倒され、彼本来の絵に目覚めた。