三毛別羆事件

社会

三毛別羆事件

さんけべつひぐまじけん

大正時代、1915年12月9日〜12月14日にかけて、北海道留萌苫前村、三毛別、六線沢で、冬眠しそこなった飢餓状態の巨大なヒグマが開拓民達の民家を次々に襲い、死者7名、重傷者3名という惨劇をもたらした、日本最大にして最悪の熊害事件。

事件を題材にした小説では、吉村昭の「羆嵐」(新潮文庫 1982年)などがある。