山元春挙

アート

山元春挙

やまもとしゅんきょ

明治昭和日本画家。

1871年、滋賀県大津市生まれ。野村文挙、森寛斎に師事。1891年に竹内栖鳳、菊地芳文らと青年絵画懇親会を結成した。京都市立美術工芸学校、市立絵画専門学校で教鞭をとり、1917年に帝室技芸員となった。1933年没。

風景画を得意とした画家で、風景を描くためにカメラを活用した最初の画家でもある。

1921年に別荘として蘆花浅水荘(記恩寺)を琵琶湖西岸に建てた。