スマートフォン用の表示で見る

山本直樹

マンガ

山本直樹

やまもとなおき

漫画家1960年昭和35年)2月1日生まれ、北海道松前郡福島町出身。

早稲田大学在学中から、マンガを描き始める。

1984年昭和59年)『ピンクハウス』誌に森山塔名義で「ほら、こんなに赤くなってる」が掲載され、デビュー。以後、青年誌と官能誌で、「山本直樹」「森山塔」「塔山森」のペンネームを使い分け、活動。

'90年代以降は、閉塞感や寂寥感溢れる郊外を舞台にしたエロマンガで根強い人気を誇っている。他に先駆けて、現場にMacintoshを導入した漫画家のひとり。

雑誌『マンガ・エロティクス』(現『マンガ・エロティクス・エフ』、大田出版)の監修も務めている。

主な作品

  • 『はっぱ64』
  • 『極めてかもしだ』
  • 『BLUE』
  • 『僕らはみんな生きている』
  • 『あさってDance』
  • 『夏の思い出』
  • 『ありがとう』
  • 『守ってあげたい』
  • 『学校』
  • ビリーバーズ』
  • 『テレビばかり見てると馬鹿になる』
  • 『安住の地』
  • 『お家につくまでが遠足です』
  • 破戒
  • フラグメンツ』(短編集)
  • レッド

amazon:山本直樹

リスト::漫画家