産科医療補償制度

一般

産科医療補償制度

さんかいりょうほしょうせいど

2009年1月創設。

分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児に対する補償の機能と脳性麻痺の原因分析・再発防止の機能とを併せ持つ補償金(総額3000万円)が支払われる制度。

掛金は1分娩あたり30,000円(この負担を軽減させる制度として出産育児一時金の35万円を2009年1月1日から38万円に引き上げる)

補償対象

  • 出生体重が2,000g以上かつ在胎週数33週以上
  • 身体障害者1・2級相当の重症児

尚、先天性要因や新生児期要因などの除外基準もある。*1

創設の経緯

2006年11月自民党政務調査会社会保障制度調査会・医療紛争処理のあり方検討委員会において「産科医療における無過失補償制度の枠組みについて」が示される
2007年2月財団法人日本医療機能評価機構に「産科医療補償制度運営組織準備室」の設置。「産科医療補償制度運営組織準備委員会」の開催
2007年4月産科医療補償制度調査専門委員会」の設置
2007年8月産科医療補償制度設計に係る医学的調査報告書」をまとめる
2008年1月産科医療補償制度運営組織準備委員会」が報告書をまとめる
2009年1月産科医療補償制度」創設*2