スマートフォン用の表示で見る

慈照寺

一般

慈照寺

じしょうじ

京都市左京区銀閣寺町にある、臨済宗相国寺派の寺院。

通称:銀閣寺

世界遺産古都京都の文化財」の一つ。

由来

足利義政が1482年(文明14年)に東山山麓に造営した別邸「東山殿」を、義政の死後禅寺に改めたもの。

交通

京都市バス銀閣寺前」停留所または「銀閣寺道」停留所下車。

銀閣

1489年(長享3年)建築の2層の楼閣で、正式には「観音殿」と呼ぶ国宝。下層は和様の書院風、上層は禅宗様の仏堂風となっている。鹿苑寺金閣寺)の金閣に対して銀閣と呼ばれるが、銀で装飾されているわけではない。