スマートフォン用の表示で見る

自然淘汰

動植物

自然淘汰

しぜんとうた

生物のうち、外界に適応するものは栄え、そうでないものは滅びるということ。

また、時代の流れと共に優良なものが残り、そうでないものは滅びるというように使われることも、しばしばある。

自然淘汰が生物を進化させるのではない。しかし、この点を誤解した進化論に対する批判が多く見られる。自然淘汰とは「ある生物に生じた変化が、生物の置かれた環境下で有利となるなら、その変化は残る」という機械的なプロセスに過ぎない。