スマートフォン用の表示で見る

朱儁

キーワードの候補

2件

社会

朱儁

しゅしゅん

中国後漢の人物(? - 195年?)。会稽郡?上虞県の人。字(あざな)は公偉。『後漢書』に立伝されている。

後漢の後期に軍人として頭角を現した人物で、178年?には交趾?での大規模な反乱を鎮圧した。

184年黄巾の乱が勃発すると、皇甫嵩らと協力して潁川?の黄巾軍を率いる波才を破り、さらに張曼成亡き後も指導者を代えて抵抗を続けていた南陽の黄巾軍を破った。このときに朱儁の下で活躍したのが孫堅である。

功績を認められて高官に上るが、董卓政権を握るようになるとこれと対立し、長安に遷都しようとする董卓に抵抗して挙兵をして戦った。

後に董卓が滅亡すると、長安からの勧めに従い入朝し、三公の太尉?までに上るが、李傕?と郭シ?(シはさんずいに「巳」)の対立に巻き込まれ捕虜となり、恥辱を感じて憤死した。

三国志演義』では、義勇軍を率いた劉備らを部下としている。

リスト::三国志関連

一般

朱儁

しゅしゅん

?〜195年

中国後漢末期の武将で政治家。字は公偉。

朝廷に仕えていたが長安で憤死。