スマートフォン用の表示で見る

諸田玲子

読書

諸田玲子

もろたれいこ

1954年静岡市生まれ。上智大学文学部英文科卒業。外資系企業勤務を経て、向田邦子氏、橋田壽賀子氏、山田洋次氏などのドラマ台本の小説化や翻訳などを手がけた後、作家活動に入る。

1996年『眩惑』でデビューし、2002年『あくじゃれ瓢六』で直木賞候補に。

2003年『其の一日』で吉川英治文学新人賞を受賞。

(『日経4946File』2007年5月号のプロフィール欄より転載)