スマートフォン用の表示で見る

小笠原道大

スポーツ

小笠原道大

おがさわらみちひろ

プロ野球選手(捕手内野手)。

1973年10月25日生まれ、千葉県千葉市出身。右投左打。

ニックネームは「ミスターフルスイング」「ガッツ」*1

1998年までは捕手だったが、代打での出場が多く1999年に打力を生かすために一塁手にコンバート。二番打者として起用され、当時期待の若手だった西浦克拓を外野に追いやる活躍を見せる。同年、松坂大輔にプロ初の被本塁打を浴びせたことも記憶に新しい。


2006年はファイターズ不動の3番打者としてチームのアジア一の原動力となった。

同年オフにFA宣言で読売ジャイアンツへ移籍。ジャイアンツでは主に三塁手を任されている。

2013年オフ、FA宣言で中日ドラゴンズへ移籍。背番号落合博満GMの現役時代の番号を組み合わせた「36」。

東京都小笠原村観光大使もつとめている。

同じ中学の卒業生に木村拓哉がいる。(木村の1つ後輩が小笠原

経歴

年度所属背番号備考
1989-1991暁星国際高校-甲子園出場なし
1992-1996NTT関東-
1997-2006日本ハム・ファイターズ
北海道日本ハムファイターズ
21996年ドラフト3位
2007-2013読売ジャイアンツ2FA行使による移籍
2014-中日ドラゴンズ36FA行使による移籍

個人タイトル

*1:骨折が治り切らないうちに試合に出場し、ホームランを打ったことに由来する。