松永浩美

スポーツ

松永浩美

まつながひろみ

プロ野球選手・指導者。

通称「史上最高のスイッチヒッター」。

右投両打、ポジションは三塁手背番号は87→40→8→2→02*1→3番。


1960年9月27日生まれ。福岡県出身

小倉工業高校を中退し1978年、阪急ブレーブスに入団。

しかし、協約により選手登録できず、練習生を経て1979年、選手に昇格。

1983年、三塁手の定位置を獲得、翌1984年リーグ優勝に貢献。1985年盗塁王を獲得。

走攻守三拍子揃った、80年代半ばから90年代を代表する三塁手で、オールスターベストナインでは、毎年のように石毛宏典パ・リーグ三塁手のポジションを争った。

また、全打順でのホームラン*2や、サイクルヒットを2度記録*3している。

1989年、オリックス・ブレーブスでは1番打者となり、106得点を記録。ブルーサンダー打線の核弾頭を担う。

1992年、球団上層部との軋轢によりトレード志願し、野田浩司との交換トレードで阪神タイガースに移籍。

1993年8月、3試合連続先頭打者ホームランの日本記録を樹立。

1994年FA宣言、福岡ダイエーホークスに移籍*4フリーエージェント制度による移籍第一号選手となる。

ホークスへ移籍後も一番打者として活躍、山本和範との1、2番コンビで快進撃を見せる。

1995年以降も活躍していたが、1997年より出場機会が減る。

1998年、球団は通算2000本安打を達成する機会と引退試合の花道を用意したが、これを固辞。

同年11月、MLBへ挑戦。オークランド・アスレチックスキャンプに参加。入団テストを受けるも、夢叶わずに現役引退

スイッチヒッターとしての数多くの記録を樹立。

引退後は、地元福岡で宝石商や少年野球の指導などを行う。


2001年よりマスターズリーグ福岡ドンタクズ4番打者を務め、地元福岡ラジオなどにも出演。

2006年、埼玉県三郷市に松永浩美ベースボールクラブ?設立し、少年野球の指導に力を入れている。


同年11月25日、マスターズリーグにて通算2000本安打を達成。「名誉会員」として名球会入りを果たした。


成績

実働17年 1816試合 6490打数 1904安打 本塁打203 打点855 盗塁239 犠打43 犠飛38 三振1046 打率.293

盗塁王1回(85)、最高出塁率1回(89)。ベストナイン5度(88〜91、94)ゴールデングラブ4度(84、89、90、94)。

オールスター出場11度(83〜86、88〜92、94〜95)、85年第3戦でMVP受賞。

*1:鬼のようにという意味で2番より変更。現在は不規則な背番号のため、選手が着用する事は認められていない。

*2プロ野球史上6人。

*3:通算2度以上のサイクルヒット達成は、藤村富美男と、ロバート・ローズ(3度)が存在する。

*4FAセ・リーグの球団からパ・リーグの球団に移籍した選手は、2006年現在、松永と仲田幸司稲葉篤紀の3人である。