松武秀樹

音楽

松武秀樹

まつたけひでき

作曲家 音楽プロデューサー シンセサイザープログラマー・ミキサー

1951年8月12日神奈川県生まれ

1972年より冨田勲氏の制作会社で、当時日本には数台しかなかった"モーグシンセサイザー"による音楽制作のスタッフを経験。

1974年 エム・エー・シー(有限会社ロジックの前身)を設立

 独立後もシンセサイザー・コンピューターミュージックの可能性を追求し、徐々に ニューミュージック系のアーティスト・アレンジャーに認められる。デビュー作は南佳孝の「摩天楼のヒロイン」

 1978年矢野顕子のアルバム「トキメキ」のニューヨークレコーディングでデジタル シーケンサーを使用。

 坂本龍一のソロ第一作「千のナイフ」への参加をきっかけに、1978年〜1982年に及びYMOのサウンドプログラマーとして参加し、数々の伝説的なレコーディングを経験してきた。1981年には自己のユニット「LOGIC SYSTEM」を結成し、現在までに10枚のアルバムを(内2枚は世界8ヶ国で)発売。

 現在は自己のユニット活動のほか、モバイルネットワーク環境でのコンテンツ・技術の開発を手がけている。