スマートフォン用の表示で見る

象嵌

アート

象嵌

ぞうがん

象嵌(「象眼」とも書く)は、工芸技法の一種で、この技法を用いて製造された工芸品を指すこともある。

おおまかな手順としては、ある一つの素材の表面の一部を削り、その窪みに別の素材の線や断片などを嵌め込んで紋様などを形成し、最終的には磨き上げたり塗装を施したりなどして滑らかな表面に仕上げる、といった工程で作成される。

金工象嵌、木工象嵌、陶象嵌等があり、漆器の沈金や螺鈿、木工の寄木細工といった技法もこれに相当する。