信濃追分駅

地理

信濃追分駅

しなのおいわけえき

信濃追分駅 しなの鉄道(しなの鉄道線)

長野県北佐久郡軽井沢町追分にある、しなの鉄道の駅。

1909年明治42年)6月25日、現在地より0.2マイル新潟寄りに追分仮停車場が開業、避暑客のために期間限定で営業したのが始まり。1923年(大正12年)10月1日に仮停車場を廃した上で現在地に駅が常設され、駅名を「信濃追分」とした。当地の「追分」の地名は中山道北国街道の分岐点であることに由来するものだが、同様の地名は全国各所にあり、駅名としても当時既に奥羽本線室蘭本線に存在したため、これらと区別するため旧国名信濃」を冠したものである。1997年平成9年)10月1日に路線が「JR東日本」から「しなの鉄道」に移管された。

標高955mで同線最高。JR時代には日本最高所にある特急停車駅であった。

長らく無人駅であったが、2005年(平成18年)秋に、暮しの手帖社の発行する雑誌「あたらさん」編集室が置かれ、委託による有人駅となる。雑誌「あらたさん」の休刊により夏季以外は駅員無配置の駅に戻った。

しなの鉄道線


○ リスト:駅キーワード
○ リスト:駅つきキーワード