スマートフォン用の表示で見る

震度6弱

サイエンス

震度6弱

しんどろくじゃく

気象庁震度階級の一つ。

気象庁震度階級関連解説表によると,

  • 立っていることが困難になる。
  • 固定していない重い家具の多くが移動、転倒する。 開かなくなるドアが多い。
  • かなりの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する。
  • 耐震性の低い住宅では、倒壊するものがある。耐震性の高い住宅でも、壁や柱が破損するものがある。
  • 耐震性の低い建物では、壁や柱が破壊するものがある。耐震性の高い建物でも壁、梁(はり)、柱などに大きな亀裂が生じるものがある。
  • 家庭などにガスを供給するための導管、主要な水道管に被害が発生する。 (一部の地域でガス、水道の供給が停止し、停電することもある。)
  • 地割れや山崩れなどが発生することがある。

とされる。

 

震度5強← →震度6強