スマートフォン用の表示で見る

人形浄瑠璃

アート

人形浄瑠璃

にんぎょうじょうるり

日本固有の人形劇の一。三味線伴奏で語る義太夫節などの浄瑠璃に合わせて人形を遣うもの。語り物と人形の結び付きは古く上代よりあったが、室町後期に起こった浄瑠璃節が、江戸初期三味線と提携して、人形芝居を上演するようになって成立した。作者に近松門左衛門、太夫に竹本義太夫などが出て、演劇の一様式として確立し、歌舞伎にも影響を与えた。現在「文楽」として伝承されているものはその流れである。

三省堂提供「大辞林 第二版」より


全国的には,文楽がもっともよく知られている人形浄瑠璃の一座であるが,阿波徳島淡路島)を始めとする各地方にもその芸能は継承されている。