スマートフォン用の表示で見る

随意契約

一般

随意契約

ずいいけいやく

主に国や地方公共団体などが任意で決定した相手と契約を締結することや締結した契約のことを言う。日本の場合、国や地方公共団体が行う契約は入札によることが原則であるが、法令の規定によって認められた場合に随意契約を行うことが出来る。早期の契約締結や小規模事業者の参入のチャンスなどのメリットもあるが、公平性や透明性が確保できない場合も多い。また、特に中央官庁における天下り先の企業や特殊法人などへの随意契約も問題となっている。