スマートフォン用の表示で見る

星一徹

マンガ

星一徹

ほしいってつ

巨人の星」の登場人物。主人公・星飛雄馬星明子の父。

プロ野球選手、指導者。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は8→84番。

1942年、川上哲治の招聘により、東京巨人軍に入団。

三塁手として活躍。

1944年、応召。

1946年東京巨人軍に復帰。

走者を狙うように見えて一塁に送球する「魔送球」を生み出し、伝家の宝刀とする。

しかし、「紳士的ではない」と一塁手川上哲治に諌められ、退団。

同年、現役引退。

引退後は日雇い労働者として勤務。

1966年、青雲高校野球部監督に就任。

1968年、息子の星飛雄馬読売ジャイアンツに入団させた。

1971年水原茂に招聘され、中日ドラゴンズのコーチに就任。

戦力外となった伴宙太を呼び寄せ、

アームストロング・オズマを鍛え上げて大リーグボールへの対策を講じた。

1976年、消息を絶っていた星飛雄馬を再び読売ジャイアンツに入団させる。

度重なる特訓を施し、投手として完全に再生させた。

1979年、飛雄馬の完全復活を見届けつつ、逝去。

新巨人の星での一徹

飛雄馬の謎の失踪以来、一徹も中日コーチを辞めて、独居老人となっていた。野球への未練が捨てきれない飛雄馬が草野球で代打屋をやっているのを聞くと、自身も相手チームの投手のコーチ役を買って出て、親子での宿命の対決が再び行われた。

飛雄馬が実は右利きであることが周囲にわかると、伴はアメリカからビッグ・サンダーを招聘して、トレーニングを再開するようになる。飛雄馬が長嶋茂雄監督率いる巨人軍に入団するようになると、一徹もアドバイスするようになり、オフシーズンのハワイ自主トレにも付き合うようになった。一徹がまだまだ体力の衰えがない描写がある。

大リーグボール右1号と称して飛雄馬に新しい魔球を授ける段になっては、一徹が年を重ねて丸くなってしまったのを見て飛雄馬が涙する場面もあった。