生方敏郎

読書

生方敏郎

うぶかたとしろう

1882〜1969。作家、ジャーナリスト群馬県生れ。

早大英文科卒。「東京朝日」「やまと新聞」「早稲田文学」などに、随筆、翻訳、書評、小説をさかんに発表。個人雑誌「ゆもりすと」「古人今人」を発行、諷刺的文章を多く残した。

特に「古人今人」は、正木ひろしの「近きより」とともに、戦時下における抵抗的な個人雑誌として知られている。

中公文庫から自伝的著作「明治大正見聞史」。