スマートフォン用の表示で見る

脆弱性

コンピュータ

脆弱性

ぜいじゃくせい

一般的には「脆くて弱い性質または性格」のことをさす。vulnerability

コンピュータ用語として

現在では、コンピュータソフトウェアネットワークなどが抱える保安上の弱点のことを指すことがほとんどであり、正規の管理者や利用者など以外の第三者が保安上の脅威となる行為(システムの乗っ取りや機密情報の漏洩など)に利用できる可能性のある欠陥や仕様上の問題点のこと。

新聞などでは「ぜい弱性」と表記されることもある。