全日本吹奏楽コンクール

音楽

全日本吹奏楽コンクール

ぜんにほんすいそうがくこんくーる

全日本吹奏楽連盟朝日新聞社が主催して毎年開催されている、アマチュア吹奏楽団体を対象とした音楽コンクール。

日本の吹奏楽において最も権威のある大会。中学校、高等学校、大学、職場・一般の4部門に分かれている。都道府県代表となり、支部大会で支部代表に選ばれると本選(全国大会)に出場できる。本選(全国大会)は毎年10月頃に開催され、中学の部と高校の部は2011年まで「吹奏楽の甲子園」と呼ばれた東京都杉並区普門館で行われていたが、2012年以降は名古屋国際会議場センチュリーホールで行われている。