曽根崎心中

アート

曽根崎心中

そねざきしんじゅう

元禄16年早朝に大阪堂島新地天満屋の女郎・はつ(21歳)と内本町醤油商平野屋の手代である徳兵衛(25歳)が梅田・曽根崎の露天神の森で情死した事件に基づいて書かれた人形浄瑠璃歌舞伎近松門左衛門作。