増田長盛

社会

増田長盛

ましたながもり

(1545年〜1615年)

戦国武将、というか豊臣政権官僚尾張出身で内政に手腕を発揮、大和郡山城主となる。

関ヶ原では西軍についたために所領を没収される。

のち、秀頼に従い、最後は大坂落城時に自刃する。