福島正則

(社会)
ふくしままさのり

戦国武将。尾張出身。
幼少より秀吉に近侍した子飼いの武将、賤ヶ岳七本槍の一。
基本的なイメージは乱暴者。加藤清正を関羽とするならば、張飛に相当する存在。

武断派の代表格として石田三成と対立、関ヶ原戦役では東軍主力の一角を担い、安芸・備後に50万石近い大領を得る。
が、徳川家の外様弾圧策を受け元和5年に所領没収となる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ