スマートフォン用の表示で見る

太陽の帝国

映画

太陽の帝国

たいようのていこく

Empire of the Sun

スタッフ

内容紹介

Amazon.co.jp

第2次世界大戦下の中国で、両親と生き別れた11歳のイギリス人少年ジム(クリスチャン・ベイル)が、日本軍捕虜収容所の中で日米さまざまな人々との交流を経て成長していく姿を描いた、スティーヴン・スピルバーグ監督の戦争超大作。

派手な戦闘シーンなどを売りにするのではなく、あくまでも少年の視点で見つめた人間関係の中から戦争の本質を浮かび上がらせていく構成になっている。日本からも伊武雅刀ガッツ石松片岡孝太郎が出演。

また、敵味方の別を超えて飛行機への愛情を如実に描く零戦の出撃シーンなどに、スピルバーグ自身の少年期への想いも見事に反映されている。原作はJ・G・バラードの自伝的要素の強い小説だが、C・ベイルはバラードの少年時代にそっくりの風貌だったとか。(的田也寸志

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

第二次世界大戦中、両親とはぐれた少年が強制収容所で力強く生きていく姿を描いた、SF作家J・G・バラードの自伝的小説の映像化。

Amazon.co.jp:太陽の帝国 レビューより

アカデミー賞

  • 候補:撮影賞、編集賞、オリジナル作曲賞、美術監督・装置賞、衣裳デザイン賞、録音賞

DVD-VIDEO

太陽の帝国 [DVD]

太陽の帝国 [DVD]

太陽の帝国 特別版 [DVD]

太陽の帝国 特別版 [DVD]