スマートフォン用の表示で見る

大槻文彦

読書

大槻文彦

おおつきふみひこ

(1847年12月22日(弘化4年11月15日) - 1928年2月17日)本名は清復、通称は復三郎、号は復軒。

言海』の編者。日本の国語学者明六社会員。帝国学士院会員。儒学者大槻磐渓の三男で、兄に漢学者大槻如電、祖父は蘭学者大槻玄沢である。開成所仙台藩校養賢堂で英学や数学蘭学を修めたのち、大学南校を経て、1872年(明治5年)に文部省入省。1875年に、当時の文部省報告課長・西村茂樹から国語辞書の編纂を命じられ、1886年に『言海』を成立、その後校正を加えつつ、1889年5月15日から1891年4月22日にかけて自費刊行した。その後、増補改訂版である『大言海』の執筆に移るが、完成を見ることなく増補途中の1928年2月17日に自宅で死去した。