断腸の思い

一般

断腸の思い

だんちょうのおもい

腸がちぎれるほど、悲しくつらいこと。

由来

中国、晋(しん)の武将桓温(かんおん)が舟で三峡を渡ったとき、従者が猿の子を捕らえて舟にのせた。母猿が悲しい泣き声をたてながら岸沿いにどこまでも追ってきて、ついに舟に跳び移ることができたが悶死した。その腹をさいてみると腸がずたずたであったという世説新語「黜免(ちゆつめん)」の故事が知られる