スマートフォン用の表示で見る

中原街道

地理

中原街道

なかはらかいどう

現在では、東京五反田を起点として、丸子橋を経て神奈川県川崎市に入り横浜市大和市藤沢市寒川町を経て茅ヶ崎市に至る道路。

神奈川県道2号線、神奈川県道45号線。

歴史的には、江戸城虎ノ門(現在の港区虎ノ門)から相模国大住郡中原(現在の平塚市御殿)を結ぶ街道であった。

中原街道の中原は、神奈川県平塚市中原にあった徳川家康が造営した相模国大住郡中原御殿に由来する。江戸時代東海道脇街道として主に物流の道として賑わう。更に歴史的には東海道より古く、江戸初期に東海道が整備される以前は中原街道東海道であったと言われている。