東武9000系

地理

東武9000系

とうぶきゅうせんけい

東武鉄道の車両で、営団(現・東京メトロ)有楽町線への乗り入れを目的に製造された、初の東上線オリジナル車両。

東上線森林公園検修区に10両編成×8本が在籍する。

有楽町線副都心線直通の運用および、また東上線内および有楽町線内・副都心線内の運用に使用されているが、西武線には機器の都合等で入れない。

のちにマイナーチェンジ車として、VVVF制御の東武9050系も登場した。

9001F以外は副都心線乗り入れのため車内や車外、運転台などをリニューアルされており、種別・行き先表示はフルカラーLED、前面標識灯はHIDに変わった。

2008年から副都心線、2013年から東急東横線への乗り入れを行っている。なお、東横線ではホーム有効長の関係で各停には使用できず、主に特急通勤特急での運用。

9001Fは地上線で運用されている。

関連

東武の他の地下鉄乗り入れ対応車両には、9000系9050系と共通の運用を組む東武50070系のほか、東武スカイツリーライン在籍の東武20000系東武20050系東武20070系(日比谷線乗り入れ)や東武30000系東武50050系(半蔵門線乗り入れ)などがある。