スマートフォン用の表示で見る

藤原智美

読書

藤原智美

ふじわらともみ

作家。1955年、福岡市生まれ。

フリーランスのライターとして各誌で活躍後、92年『運転士』で第107回芥川賞受賞。

また、97年には住まいの空間構造と家族の社会生活関係を独自の視点で取材、考察したドキュメンタリー作品『「家をつくる」ということ』(プレジデント社講談社文庫)がベストセラーに。

その後も、「家族」「子育て「教育」といった分野での思索、執筆活動も展開、ノンフィクション作家としても活躍している。