スマートフォン用の表示で見る

特別快速

地理

特別快速

とくべつかいそく

[英語表記] Special Rapid Service

特別快速は、JRにおける列車種別のひとつ。JR時刻表では「特快」と表示されている。

快速より停車駅が少ない種別で、大抵は特別料金不要である。

湘南新宿ライン(東海道線・山手貨物線・高崎線)の場合(写真)

平日北行7本・南行8本、土曜休日に北行9本・南行8本がデータイムを中心に設定。列車名はない。

停車駅:小田原国府津平塚、茅ケ崎、藤沢大船、戸塚、横浜武蔵小杉大崎渋谷新宿池袋赤羽大宮上尾桶川、北本、鴻巣熊谷高崎間各駅

一部区間で120km/h運転を行う。

湘南新宿ライン横須賀線宇都宮線には特別快速の設定は無い。

特別快速を名乗ってはいるものの、快速「アーバン」が通過する北本にも停車する。

国府津車両センターE231系グリーン車付きの15両編成(区間によっては10両編成)にて使用される。

常磐線の場合

データイム上野土浦間に毎時1本運転されている。他の中電同様、E531系を使用。グリーン車付き15両編成で運転される。

停車駅:上野日暮里松戸、柏、取手〜土浦間間各駅

北千住は通過となる。

一部区間で最高130km/h運転。

上野からの所要時間

上野日暮里松戸取手藤代佐貫牛久ひたち野うしく荒川沖土浦
---3分15分23分31分36分39分43分47分50分55〜59分

中央線(東京口)・青梅線・八高線の場合

中央特快」「青梅特快」「通勤特快*1という路線名を冠した独自の特別快速が存在する。

中央特快東京〜大月)

青梅特快東京武蔵五日市青梅高麗川

通勤特快(大月・青梅東京

を参照。

東海道本線(名古屋口)の場合

平日・土休日とも朝夕に設定されている。

停車駅:浜松駅豊橋駅間各駅、蒲郡駅、〈幸田駅〉、岡崎駅、安城駅、刈谷駅、金山駅名古屋駅尾張一宮駅、岐阜駅米原駅間各駅

大府駅は通過するが、これは運転時間帯に区間快速(武豊線直通)があるためでもある。

幸田は平日下り朝のみ2本が停車。

仙石東北ライン

2015年5月ダイヤ改正より、仙台駅石巻駅間で1往復設定された。

停車駅は仙台駅塩釜駅高城町駅、矢本駅、石巻駅。

その他

*1:平日朝の上りのみ

*2東京駅木更津駅間は 15 両編成(グリーン車 2 両連結)、木更津駅館山駅間は 4 両編成(グリーン車連結なし)で運転

*3:朝は上りのみで牛久保までの各駅に停車し豊橋から名古屋方面に直通、夕方は下りのみで名古屋方面から直通、豊橋から飯田線に入り小坂井以遠の各駅に停車。後に下りは新城止りのみとなる