スマートフォン用の表示で見る

日刊ゲンダイ

読書

日刊ゲンダイ

にっかんげんだい

首都圏近畿圏で販売されている夕刊紙(夕刊誌)。株式会社日刊現代発行。講談社系だが、資本のつながりは希薄。

創刊時のキャッチフレーズは「毎日出る雑誌」。

うだつの上がらないサラリーマンが溜飲を下げるためのもの。

とにかく反自民党・反産経グループで、民主党支持者でも笑ってしまうほどの内容である。(最近では、山口と福岡で豪雨により死者が出たのは安倍晋三麻生太郎の地元だから。という記事)

また、WEB版として「ゲンダイネット」というサイトも運営している。→ゲンダイネット

中部圏では、中部経済新聞社が一部記事の編集と発行を担当。札幌圏では「日刊サツポロ」という題字になっていて、内容も多少異なる。2006年6月1日より「日刊ゲンダイ」に統合された。

1993年、出版社・飛鳥新社が創刊した夕刊紙「日刊アスカ」の販売について、日刊ゲンダイをはじめ夕刊紙各社は、JRキヨスクに「日刊アスカ」を取り扱わないように働きかけ、主要販路を失った同紙は早々に休刊、という事件もあった。