萩焼

アート

萩焼

はぎやき

山口県萩市を中心に焼かれている陶器江戸時代の1604年に長州藩主の毛利輝元の命によって、朝鮮人陶工の李勺光(山村家の祖)と李敬(坂家の祖)の兄弟が城下で御用窯を築いたのが始まりとされる。