スマートフォン用の表示で見る

白山信仰

一般

白山信仰

はくさんしんこう

日本の石川県岐阜県に跨がる白山に関わる山岳信仰のこと。奈良時代泰澄が登頂して開山が行われ、後に修験道として体系化された。