白山信仰

(一般)
はくさんしんこう

日本の石川県と岐阜県に跨がる白山に関わる山岳信仰のこと。奈良時代に泰澄が登頂して開山が行われ、後に修験道として体系化された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ