スマートフォン用の表示で見る

白鳳文化

アート

白鳳文化

はくほうぶんか

日本の飛鳥文化天平文化との中間に位置する文化。天武天皇の頃に栄えた。藤原京を中心とした天皇や貴族中心の華やかな文化であった。「万葉集」ができたのもこの頃である。