板門店

地理

板門店

はんもんてん

パンムンジョム

1953年朝鮮戦争の休戦協定が締結された地点。この地を通って軍事境界線が設定され、以後現在まで南北分断の象徴となるとともに、南北間で会議や捕虜の引渡しを行う場合にはここの施設を使用してきた。

北緯38度線上」にあるといわれるが、ここでいう38度線とは軍事境界線のことであり、実際には北緯37度57分に位置する。