百ます計算

一般

百ます計算

ひゃくますけいさん

基礎学力をつけるために考え出された学習法のひとつ。10×10のマスの縦軸と横軸に数字が書いてあり、一度に百問の足し算や引き算が練習できる。陰山先生の本などで紹介され話題になる。「単純計算だけなので、考える力が育たない」などとの反対意見もある。