スマートフォン用の表示で見る

平賀朝雅

社会

平賀朝雅

ひらがともまさ

日本の平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての鎌倉幕府御家人

源氏門葉として源頼朝に重用された平賀義信次男で、源実朝を廃して朝雅を新たな鎌倉殿として擁立しようとした時政が失脚した牧氏事件の時に幕府の実権を握った北条義時の命をうけた山内首藤通基によって殺された。