平将門の乱

社会

平将門の乱

たいらのまさかどのらん

承平の乱天慶の乱とまとめて承平天慶の乱とも呼ばれる。

平安時代中期の西暦935年に始まるとされる関東地方の戦乱。が、939年までは平氏私闘とされ、将門は何度も朝廷に弁明し赦免されている。

935年は京から帰ってきた将門が、父の領地が叔父の平国香に奪われていたのを知り力ずくで奪還し国香を殺したのが始まり。

939年にかくまっていた藤原玄明の追捕撤回を求めたところ、官軍の攻撃を受け反撃しついに朝敵となってしまう。その後は各国府を攻めてついに関八州勢力下に治め、自らを「新皇」(新しい天皇の意)と号し独立政権を作ろうとした。

しかし940年に藤原秀郷平国香の遺児である平貞盛らによって討ち取られてしまった。未遂に終わったが、これは武士階級が起こしたはじめてのクーデター事件である。