スマートフォン用の表示で見る

保護室

一般

保護室

ほごしつ

精神病院において、自傷他害のおそれのある患者を収容するための部屋。容易に破壊したりできないよう頑丈なコンクリートでできており、外から施錠する鍵がつけられた鉄の扉で閉ざされる。

自傷行為を招かないよう突起物や調度品等はいっさい無く、私物の持ち込みも制限される。保護室に入れられた患者は基本的に部屋から出られないのでこれまた突起物のないトイレが床と面位置に設置されている。